Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生 Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、アートを着るように楽しい気持ちで、世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、そんなお手伝いをしてくれます。

怒りとはどこから来るのだ。

 

 怒りとは何か? 

 

とうとうきてしまった、怒りとの付き合い方、元々余り怒ることはないのだが、怒りをぶつけられると売り言葉に買い言葉怒りの対処法はとぼけて逃げるかミラ-返しかの2つしか持ってなかった。しかも口調がエスカレートしてしまう悪い癖。特に逃げるときも面白く笑いながらとぼけるので火に油を注ぐ時と、笑って終われるときとは相手次第という逃げ方だ。

 

余裕があるか一息つけて頭に風を吹かしたら相手も冷静になるが一か八かで余計怒らせることにもなる。今、その最大級の壁に立ち向かう事になる、今の2つの方法では太刀打ちできない最大級の壁がきてしまった、とうとう怒りの学習だ。認知症で暴言暴力に立ち向かう、どちらにも嫌な思いをしないですむ方法。

 

とても難しいミッションだ、最初の頃は言葉や暴力にショック受けてとても苦しく哀しく感情的になっていたが、ここまでくるともういいやって感覚だ。何故怒る?いろいろ考えたが私ではない感じだが、目の前にいる私にぶつけているだけなのだ、しかしわざと子供のように怒らせるようになじってくるが、話は支離滅裂だ、色んな事が混ざってびゅんびゅん飛んでくる言葉。ちょっと滑稽でもあるし、都合の良いように人のせいに話を繋げて、都合が悪ければ「言ってない、やってない、聞いてない。」と歌い出す。

 

本人が言った言葉や妹の旦那に言われた言葉、色んなとこで言われてきた言葉、色んな昔の怒りが混ざって何のことかサッパリ分からない怒りが飛んでくる。私は一つ一つを潰していくと、理屈ばかり言って嘘をつくといわれたが、とんとぐちゃぐちゃな話なのでなんともかんともどうするのだ。

 

もう真実も現実も妄想も勘違いもぐちゃぐちゃでボキャブラリーも失っているので、殺す盗む死ぬという言葉ばかり使っている。人間関係も可笑しくなっているし、いもしない子供と旦那を強迫材料にするか私が殺されるかの話に結局なるのだが、結局なにも言わずその場から離れるしか今は方法がない。

 

なので今まではお母さんの好きな花や植物を見に行くとか孫や犬に会いに行くとか、色々試したが確実に人がいると暴言と暴力になる。酷くなる一方なので、距離を置いて何処にも私からは誘わないで話しかけないで一人にしてる。

 

幻聴で暴言吐きまくっている。前は幻聴で泣いたり笑ったり怒ったりしていたが、最近はほぼ怒っている。あんなに散歩に歩いていたがとうとう私と散歩に行くとろくな事がないと言って家の周りの安全管理に勤しむだけになってしまった。

 

もっと良い方法はないか、認知症だからと言って暴言暴力になるとは限らない、入院してからだ。色んな事に後悔する、薬を増やさなければ、入院させなければ、こんな風にはならなかった。幻聴が聞こえなければ、デイサービスや私に妹の旦那の悪口を言うおばあさんなだけだった。「負けるが勝ち」とよく言ってた。一緒に住む婿と折り合いが悪かっただけだが、とりあえず婿の愚痴をため込んでたのであろう。私も何度も聞かされるのに飽きて悪口を止めてたところもある。人間の脳で意思や性格はこうも変わってしまうとは恐ろしい話だ、だってずっと嫌いな人につきまとわれて罵詈雑言、悪口を言ってるし聞かされているのだから。寝ても覚めても悪夢につきまとわれて不幸にしか見えない。

 

認知症で忘れるなら嫌なことを忘れたいだろうに楽しい事やうれしいことは忘れて、あっでも哀しいことも忘れてる。死んだ自分のお父さんと話してる。どう言うカイロでデタラメな糸を組んで苦しい状況ばかりを体験するのか、怒りはどこから来るのか?何に怒っているのかサッパリ分からない状態だ。脳の織りなす物語は現実とはかけ離れた不幸なストーリーに振り回されて、最短に使える機能の怒りで対処しているという感じだ。一体何に怯えているのか本人にも私にも分からない表現方法怒りなのだ。どうすればいいのだ?

 

そして徘徊で警察のご厄介になってしまったが、生活安全課の人は施設に入れろとアドバイスされた。入院で酷くなったのに施設に入れるという選択肢はどうしても選べない、どうしたって後悔する、私のワガママかもしれないけどどうしても施設は選べない。交通事故で亡くなるぞと散々脅された。

 

                 ここからショップ ここからショップ

ハンドメイド グリーンケープ風上着

通常価格

48000

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

ケープ風なショート丈の上着です。 思い切った切り替えで遊び心いっぱいです。 裏地起毛したグリーンのもこもこした素材と毛糸のプリント柄のカラフルな切り替えです。 グリーンの素材は緑と黄緑の2色の素材で出来ている暖かい素材です。    素材  ポリエステル100%    サイズ フリー

ハンドメイド パープル&ブルーチェック織トップス

通常価格

68000

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

ボディ部分がパープルとブルーチェック織になっていてとても綺麗な織生地です。2重になっているので暖かくそしてカットは面白い切り替えのカット、オリジナル感満載です。ボトムに何を合わせるかでより一層個性的にになれる、オンリーワンなトップスです。襟と飾り部分も素敵なカットになっています。   素材   ボディ部分  綿60% …

刺繍ジャケット

通常価格

98000

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

グリーンとオレンジ色の草と花の総刺繍ジャケットです。 前あきで紐ベルトで縛ってとめるタイプです。 デットストックの生地を使ったジャケット。 シックなとことナチュラルなインデゴ風なベルトで アンバランスな感じ上手く取り混ぜてクールなジャケットに仕上げました。    素材  ジャケット ポリエステル100%      ベ…

関連情報

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生

Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、
デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、
その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、
アートを着るように楽しい気持ちで、
世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、
そんなお手伝いをしてくれます。

屋号 Sowelu.keiko kadoto
住所 〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-16-21
電話番号 090-5063-3092
営業時間 10:00~18:00
定休日:火・日
代表者名 角戸 圭子 (カドト ケイコ)
E-mail info@kadotokeiko.com

コメントは受け付けていません。

特集

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生 Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、アートを着るように楽しい気持ちで、世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、そんなお手伝いをしてくれます。

〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-16-21

090-5063-3092

10:00~18:00
定休日:火・日

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.