Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生 Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、アートを着るように楽しい気持ちで、世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、そんなお手伝いをしてくれます。

宇宙は1つの生き物としたら

 

 宇宙という地球というミクロとマクロは私という存在と同じである

 

 遜っても、誇張してもそれは欺瞞的な行いで、何かに縛られている自我と他我や非我などに執着していて本質は見えない。目で見えてるもの耳で聞こえてるもの五感で感じてるものは、全てが感じたいものだけ感じてるので、幻である。私は宇宙の1つの微粒子でしかないので、全体は見えない分からない。しかし私自身も宇宙なので今考えている意識も微粒子でしかない。見えてるものは私のフィルターを通してみているので、自分の脳が決めたものの見方なので実際は全く違うものをみる。自分の脳が決めたストーリーで解釈するので実際は存在しない出来事である。

 

何かに引き寄せられて意識で行動しても、違う道や寄り道をしても、それが無意識なのか他の何かに操られたのか?思うようになだらかな道ではなく、スンナリ進めることもなく障害物が現れてそれでは引き戻されて、またスタート地点に戻っているかスターと地点に変わっているか。意識や無意識だけでは私の小宇宙は表せられない何かに、一生懸命目の前のことを片づけて進むしかないのである。それは私があくまでも微粒子であるから、決定していたり選択していたりしてるようで大きな渦の中にいるだけなのである。

 

私の小宇宙はそのため願いとか意義とか思いながらも渦の中で抵抗したり呑まれたりしながらどうにも出来ない状態でも、それでも目標の方に向かっているので、時には遠く流れていき途方もないほど遠くになってヤル気を失ったとしても、時には体が思うようにいかなく死にそうになっても、それでも笑っていられて目標に向かっていけるように体を休めて、そうして何かに押されるように立ち上がって前に進む。

 

それは季節や時期のような時間の中にあるのかもしれない、それは体の中の微粒子達の諍いやミスで全く小宇宙が危機になってるのかもしれない。目でみて耳で聞いて匂いを嗅いでと五感で感じたものが実は全く違う映像として感じて、色んなミックスで流れている映像を自分のストーリーで見えている。

 

時折大きな宇宙を感じながら色んな渦を感じながら今を生きる、そして積み上げていても突然崩れて違う次元に入っているのだ。もう同じ地点には行けないし戻ってもない。それについていけないときは、苦しんだり哀しんだりとネガティブな感覚のようになり、落ち込み眠ってしまうが内からくる宇宙のエネルギーを感じ新たな道に向かい合うのだ。

 

それは一人の人の人生なのだろうか?私の先人達の思いや成り立ちや沢山の人達の人生や肉体に育まれたものではないか?そうして私の小宇宙は決して私ではなく、私という一部が分析したり考察したりして表面的に私と名乗ってる微粒子なのだと言うことが。私という思考が思い通りに動けることも発言や笑う決定する事もしてるようでやってなく、内なる自分たちの表現は押しとどめられない。

 

食べること眠ることなど生きていく上で必要なのとを怠れば、確実に崩れていき、私という宇宙は簡単に歯車が崩れて消えていく。眠いということは内なる自分たちとの会議で休息で時間の旅で、食べると言うことは心や体の栄養というエネルギー補給で、痛い痒いや病気は体からの発信でそれらを無視すると強制的に体や心や魂が朽ち始める。

 

それは地球でも太陽等でも同じで微粒子達の動きや関係性でその大きな器は変化を遂げるのです。その変化は大切でもあり元には戻らない現象でもある。それが時間や時空と相まって同じものにならない、同じ時間や空間は来ないのだ。そしてそれらは広い視野で広く起こっていることをあらゆる面で見ると必然的なものであるという。私という微粒子では大きく見れないため、違う六感などで少し感じて感じられるのだろう。昔はこの感覚も退化していなかったためもう少し感じてたであろうが、これも受け取る取り方で違ってくるストーリーなので微粒子としては、今ある自分の中での判断や解釈でしかないので、事実とは違うストーリーになりやすい。

 

今が今でない瞬間の連続で沢山の時間が同時進行していて、もし時空を歪んで過去や未来にいくと全く違う同じ時間が流れている。何を感じるか何を見たのかなにを信じるかで沢山の世界を選択することが出来る、本当は現実は真実はないに等しい。そして二度と同じ時間がくることもなく、微粒子として小さく見えている物語を紡ぐのだ。

 

    ここからショップ      ここからショップ

 

 

レッド切り替えニットプリントロング丈ワンピース 2023-1

通常価格

88000

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

シースルーなチェックの伸縮素材と赤い素材とを切り替えてワンピースの上にコーディネートしてるようなデザインの、裏側が起毛で毛糸のプリント柄のロング丈ワンピースです。    素材      ポリエステル 100%    サイズ     L 

関連情報

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生

Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、
デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、
その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、
アートを着るように楽しい気持ちで、
世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、
そんなお手伝いをしてくれます。

屋号 Sowelu.keiko kadoto
住所 〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-16-21
電話番号 090-5063-3092
営業時間 10:00~18:00
定休日:火・日
代表者名 角戸 圭子 (カドト ケイコ)
E-mail info@kadotokeiko.com

コメントは受け付けていません。

特集