Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生 Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、アートを着るように楽しい気持ちで、世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、そんなお手伝いをしてくれます。

バンクーバーファッションウィークは日本人デザイナーも多く出展 参加ブランドをお探しなら

バンクーバーの大規模ファッションショー「バンクーバーファッションウィーク」をご存知ですか?北米においてNYファッションウィークの次に大きなファッションウィークとして知られており、毎年日本人デザイナーも多く参加しています。こちらではそんなバンクーバーファッションウィークについて紹介しますので、ぜひご覧ください。

バンクーバーファッションウィークの概要

歩くファッションモデルの人

北米最大規模の国際的ファッションウィークであるバンクーバーファッションウィーク。春夏コレクション・秋冬コレクションの年2回開催され、毎年世界各地から多くのデザイナーやメディアが招待されています。

若手デザイナーの登竜門としても有名で、世界各地から参加した若手デザイナーが自らのブランドのランウェイショーを開催します。期間中は夕方~夜までファッションショーが開催され、一般の方もショーを見ることができます。

毎年日本人デザイナーも多く出展し、ファッションショーの様子をネットのライブ配信で見られるということもあり、日本でも年々知名度が高まっています。

バンクーバーファッションウィークは他のファッションウィークと何が違うのか

外国人のモデルマネキン

世界のファッションウィークの中で、特にバンクーバーファッションウィークに注目が集まる理由は、他のファッションウィークにはない魅力があるからです。
こちらでは、他のファッションウィークとどういった違いがあるのかを紹介します。

若手デザイナーが多く参加

バンクーバーファッションウィークには、世界各地から多くの若手デザイナーが参加します。ファッションショーには著名なデザイナーやプロデューサー、世界各地のメディア、セレブなども顔を出していることから、新進デザイナーたちに世界で活躍するためのきっかけを提供している場にもなっているのです。

モデル・デザイナーとオーディエンスの距離が近い

一般の方でも、ファッションショーの様子をスマホで撮影することが可能です。また、毎回2つのデザイナーのコレクションが終わるごとにランウェイが開放され、モデルやデザイナーと写真を撮ることができます。

自由度が高い

バンクーバーファッションウィークの運営は基本的にボランティアで、スポンサーはついていません。そのため、「ファッションショーに参加するお客様は参加ブランドのアイテムを身につける」などのマナーやルールなどが一切なく、自由度の高さが魅力です。

各国メディアやファッションブロガーなどにも直接働きかけることで、認知度を高めています。

バンクーバーファッションウィークに出展経験のある日本人デザイナー

バンクーバーファッションウィークには、毎年多くの日本人デザイナーが参加しています。こちらでは、出展経験のある日本人デザイナーを何名かご紹介いたします。

Hana Imai

モデルの今井華さんが手掛けるブランド「margot」が、2019年のバンクーバーファッションウィークにて初登場しました。女性の日常からインスピレーションを得たコレクションを揃え、すべてのアイテムをドレスで構成してショーを行いました。

I.P.U

「アジア、日本伝統のあるものと現在、未来無重力をかけあわせたもの。」をコンセプトとする前衛的アートブランド「kemono」のデザイナーです。音楽活動と並行して洋服作りを行っています。

Michiko Ueda

20年以上にわたりヴィンテージストアを営み、バイヤーとして活動するデザイナーです。ブランド「GLAZE KOHL」のテーマであるChicを基盤に、長くヴィンテージを愛するデザイナーならではの発想が生み出すデザインは、世界中の方々を魅了しています。

Monaka Nishi

2015年にモデルとして活躍しながら、アクセサリーブランドを立ち上げました。2017年にファッションブランド「FICTION TOKYO」を立ち上げ、その年にバンクーバーファッションウィークに初参加しました。

バンクーバーファッションウィークに出展する日本人デザイナーのブランドをお探しなら

Sowelu.keiko kadotoは、バンクーバーファッションウィークに出展予定です。デザイナー角戸圭子が、1点1点パズルを組むように愛情を持って作品を創っています。前も後ろも右も左もなく全方向でアシンメトリーであるため、アートを着るような気持ちでオンリーワンなファッションをお楽しみいただけます。

バンクーバーファッションウィークに出展する日本人デザイナーのブランドをお探しの方は、ぜひSowelu.keiko kadotoをチェックしてください。

Sowelu.keiko kadotoについてもっと詳しく

バンクーバーファッションウィークの日本人デザイナー参加ブランドをお探しならSowelu.keiko kadotoへ

サイト名 Sowelu.keiko kadoto
代表責任者 角戸 圭子 (カドト ケイコ)
住所 〒551-0021 大阪府大阪市大正区南恩加島6-16-21
電話番号 090-5063-3092
電話受付時間 10:00~18:00
定休日 火曜・日曜
メールアドレス info@kadotokeiko.com
ホームページURL https://kadotokeiko.com


特集

Sowelu.keiko.kadoto|アートに生き、着る。人生 Sowelu.keiko.kadotoで取り扱う唯一無二の洋服は、デザイナー角戸圭子が1点1点パズルを組むように愛情を持って創っており、その作品は前も後ろも右も左もなく全方向でアシメトリーであるため、アートを着るように楽しい気持ちで、世界でただ一人オンリーワンな自分を生活の中でも自覚する、そんなお手伝いをしてくれます。

〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-16-21

090-5063-3092

10:00~18:00
定休日:火・日